野球塾

竹内 広明

竹内 広明

プロOBコーチ(アスリート投手クラス担当)竹内 広明
1971年、深谷商業高校からドラフト1位で大洋ホエールズ(現横浜ベイスターズ)に入団。高校時代は1年から甲子園で活躍し、関東では、右の竹内(深谷商)左の保坂(日大一)と実績とともに注目度も高かった選手。

1年目から1軍に定着し、174cmと小柄な体だったが、オーバースローからダイナミックに投げる速球と鋭いカーブ、スライダー、シュートを武器として全盛期の王選手、長嶋選手を相手に一歩も引かず向かっていく投球姿勢はファンを魅了した。2年目には9勝を挙げるなど期待されたが投球フォームの修正から肘への障害を患い中継ぎ、抑えとして登板し1982年に引退。ラグビー日本代表の小野澤宏時は娘婿。
通算274試合28勝38敗5セーブ、先発64、完投11、完封3

Page Topへ