スローイングミニレッスン

1.トップポジション(姿勢反射) <ためる>

軸足は、スローイング目標に対して直角にします。グラブ側の手又は肘・肩は、投球方向に向け肩のラインが一直線になるようにします。ボールを持っているほうの手の肘と脇の角度は、90度にします。ステップは、投球方向に対して行いましょう。

2.アクセレレーション(加速期) <振る>

スローイング目標から目を離さず、腕を振っていきます。肩の力を抜いて全身をスムーズに使う事で”しなり”が生まれます。腕を振るタイミングに合わせて、グラブ側の腕を引き寄せることで、スローイング全体のタイミングとバランスがよくなります。

3.リリース <はなす>

コントロールとスピードは、リリースポイントで決ります。正しいリリースポイントは、体側上方に45度、前方に45度の位置です。リリースポイントの安定が、肩の障害予防に役立ちます。

4.フィニッシュ(減速) <みる>

正しいリリースポイントを行うと、自然と投球肩が投球方向に向き、投球肩の反対側の下方にクロスするようにフィニッシュする事ができます。投手がバッターに対して行う投球以外のスローイングは、見方に対して行うものなので、自分の投げた送球が、相手の目的にあったスローイングとなっているかみることも大切です。

ボールの握り方

中指と人差し指は、指の腹をボールの縫い目に合わせるようにします。

親指は、人差し指と中指の真裏にくる様にします。

ボールは鷲づかみではなく、中指・人差し指・親指の3点で握るようにします。

Page Topへ