フィールディングミニレッスン

1.備える

構えでは、膝を柔らかく曲げ、前後左右に素早く反応できる足幅をとりながら、両足の拇指球に重心をかけます。バッターのインパクトの瞬間に集中しリラックスすることで、素早いスタートを切ることが可能となります。

2.移動する

捕球地点までの敏捷なフットワークは、目線と頭の上下動を少なくすることと、粘りのある足腰から生まれます。膝を柔らかく使い、低い態勢のままバランスよく移動していきます。

3.構える<捕球態勢>

捕球態勢を素早くつくる事が捕球の基本です。ボールとの距離感を図りながら、股関節を柔軟に曲げ、肘と膝を柔らかく使いながら体の正面にグラブを差し出します。

4.とる<クロー>

捕球する位置は、体の正面です。体の正面とは、へそが向いた延長線上の位置のことで、膝と肘が程よく曲がったバランスの良い姿勢をつくることができます。ボールが見やすく捕球が安定し、次のスローイングにスムーズに移行することができます。この時、スローイング側の手は、柔らかくフタをするように使うと良いでしょう。

5.おさめる<ホップ>

捕球後、捕球した位置に行くようにしてスローイング目標に対してステップしていきます。この時、おなかから胸の辺りに当てるような感じで、体の中心におさめます。おさめるタイミングと同時に、軸足を小さくステップすることで、フットワークのリズムを取ることができます。

6.割る<トップ゚&スロー>

体の中心におさめた状態から、両手の親指を内側にひねるようにして、腕を左右に割り(アームパス)、トップの形を作っていきます。スローイング目標に対して正確な姿勢反射をとることが、安定したスローイングへとつながります。

Page Topへ