バッティングミニレッスン

1.セットアップ<かまえる>

スタンスは、肩幅よりやや広めで、重心は両足の拇指球側にかかります。リラックスして構え、軸足6:踏み出し足4の割合で体重をかけます。グリップを肩の高さにし力を抜きます。バットの先端を体の軸に近づけるとバットの回転速度が上がります。

2.テークバック<よびこむ>

投手のフリーフットの動きに合わせ、息を吐きながら始動します。タイミングの取り方は人それぞれだが、腰・膝・つま先などでとり、できる限り上体でとらないようにします。バックスイングは、ゆっくりと重心が膝(軸足の膝の内側・内転筋)にのるように行います。

3.パワーポジション(トップ)<ためる>

ステップは、拇指球に重心を置き、できる限り小さくします。大きくなると眼や体の位置が動き、打ちにくくなるからです。重心は、軸足6:踏み出し足4、グリップの位置は肩の高さで、軸足の垂直線上に残ります。バットのヘッドが頭から離れないようにします。

4.アプローチ<ふりだす>

軸足に乗っている体重(重心)を踏み出した足に移動しながら腰を捻りスイング(フォワード)を始動します。この時、踏み出した足の膝は、開かないようにやや曲げてゆとりをもちます。肩の高さに構えた後方腕の肘をヘソに近づけるように又、グリップエンドはボールに向けるように振り出します。

5インパクト(リリース) <つよくたたく>

ミートポイントは、ステップした足の膝のやや前(ボール1個くらい=真中のストライクで)、高さやコースによってポイントは異なります。セットアップから溜めておいたパワーを一気にボールに移します(強く叩く)。

6.フォロースルー<はこぶ>

フォロースルーでは、手首を返さずに前腕を返します。腕を伸ばす事を意識し、無理に高く上げなくても良いです。重心の移動がしっかりしたスイングができていると前足の裏は、地面に根を下ろすようにしっかりとつき、後ろ足は、蹴り上げるようにかかとが上がります。

Page Topへ